gfr_ai

スタッフ郷

【今流行りのエントリーモデル?】コントロール重視のGF新ラバー”GF R”をレビュー!

こんにちは!スタッフ郷です!

みなさん!ミズノから出る GFシリーズですが、何商品出ているかご存知ですか?卓球用品を取り扱っているならわかって当たり前ですよ!と思っていて…

スタッフ郷「GFシリーズといったらGF TシリーズとGF PROの二種類ですよね!」

他のスタッフ「ソフトスポンジすきなんだろ!! GF Rをしらないのか! 」

スタッフ郷「な、なんですかそれは〜!!??」

そうなんです!恥ずかしながらミズノから”GF R”というコントロール重視のソフトスポンジのラバーが出ているのを全然知りませんでした(笑)笑えませんね。申し訳ございません。ちゃんと勉強します!

そこで今回は、自分ソフトスポンジ大好きプレイヤーとして”GF R”早速レビュー!

ラバーの外観はこんな感じ!

gfr1

GF RはGFシリーズの中でもエントリーモデルとして出ているラバーのようです!粒が少しすけて見えるシートで高弾性ラバーに近いようなシートに見えますね!ラバーを押してみるとかなり柔らかいです!メーカーが出しているスポンジ高度は40度ということなのですが、体感でいうと37度とかに近い気がします!相当ブニョブニョです(笑)期待度も高まる!

gfr2

粒や粒の間隔をみてみると、粒は細すぎず太すぎずといった感じですね。間隔は少し広めといった感じでしょうか!回転のかけやすさ、影響の受けにくさが全て中間をいっているといった予想です!

実際に試打してみました!

gfr3

今回合わせたのはコルベル! GF Rと合わせるとかなり安定感がありそうな組み合わせです!実際に試打しておすすめだなと思ったユーザー層は

”下回転を持ち上げるのに困っている初中級者”

どういうことかというと、その通りなんですが、コルベルと合わせたということもあると思いますが、下回転で返ってきた球をドライブで持ち上げるといったことや、チキータやフリックで上回転の勝負に持ち込んでいくということがものすごくやりやすかったです!

僕は正直フリックやチキータが全然できなかったのですが、このラバーでやった時はかなりの成功率だったので、相当やりやすいと思います!ただ一つネックだったのが後ろに下げられた時の引き合いなどはスポンジが柔らかすぎてエネルギーロスがしてしまい球が浅くなってしまうといったことがありました。

なので、こちらは後ろに下がって引き合いをガンガンしていくといったプレーは少し難しいですね!もしこれからドライブをガンガン打っていきたいと思っている初中級者が使うラバーとしては超おすすめのラバーだと思いました!

技術で伸び悩んでいる人!このラバーは間違いなく自分を次のステップへと持っていってくれるラバーだと思います!

gfr6

購入はこちらから!


 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



FOLLOW ME!



【特集】ラザンター特集記事

  1. rasanter_press
  2. yamazakishatyou_ai3
  3. r50_ai
  4. rasanterV_ai
  5. rasanter_42_37_ai

最近の記事

  1. q3_ai
  2. shosinsya
  3. mach_1
  4. quick_ai
  5. anai

おすすめ記事

  1. original_1
  2. タオルアイキャッチ
  3. 名称未設定-3
  4. pressrank
  5. リズムテック

PR

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP