【用具選び知識】必ずしも「回転がかけやすいラバー=回転がかかるラバー」ではない!?

こんにちは!
渡邊です。

今回のテーマは「回転」についてです。
皆さんは用具選びの時に「回転」を重視しますか?

実際にお問い合わせでも「回転量はどれぐらいですか?」「これと比べて回転性能はどうですか?」という質問が多いです。僕の中では必ずしも「回転がかかる=スピン性能が高い」とは言えないと思っています。

今回は「回転性能」に焦点を絞って説明していきたいと思います!

回転性能が高いとは

「回転性能が高い」というと皆さんのイメージでは「ドライブやサーブの回転量が多い」と思う方も多いかもしれません。これは正しいと思います。ですがなんで回転量が多いドライブが打てる用具なのかという観点で見ると誰が使っても回転がかかるというラバーがあるかどうかという話になってくると思います。

皆さんは一人一人、技術もフォームも違いますし筋力だって人によって差があります。同じラバーでも同じ性能は出ないんです。またラバーによっても性能がちがいます。大きく分けて回転性能には「回転のかけやすさ」と「回転のMAX値」があると思います。

回転のかけやすさ

打法による違い

大きく分けるとドライブをする時・サーブをする時の打法は人によって2タイプに分けられると思います。

  • 食い込ませて回転をかけるタイプ
  • こすって回転をかけるタイプ

例えば食い込ませて回転をかけるタイプは「食い込みの良いスピン系テンション」が回転量を出せませす。逆にこすって回転をかけるタイプは「粘着ラバーなどのシートの引っ掛かりが良いややハードなラバー」の方が回転量を出せます。

インパクトによる違い

単純にハードヒッターかどうかということですね。ハードヒッターは硬いスポンジでも食い込ませることができるので硬いラバーでも回転量を出せます。一方、インパクトが弱いプレイヤーは硬いラバーは食い込ますことができず回転をかけることが難しいです。ですのでインパクトが弱いプレイヤーはソフトスポンジの方が食い込ませることができ回転量も多くなるはずです。

しかし食い込めば食い込む程いいという訳でもなく、ハードヒッターがソフトすぎるスポンジを使うとスポンジが潰れ過ぎてしまいスポンジがはじきかえす力を失ってしまいます。いわゆる「エネルギーロス」という現象です。

自分にあったラバーは回転がかかりやすい

先ほどの「打法による違い」「インパクトによる違い」というのは自分にあったラバーではないといくらカタログのスピン性能値が高くてもかけにくいということです。なので回転量を出すには自分のプレーや打法や技量にあったラバーを選ぶことが重要…。

つまり「回転がかけやすいラバー」であることが回転量をだすポイントなんです!

回転のMAX値

「回転のMAX値」とは単純にそのラバーの回転量のポテンシャルのことです。皆さんもわかると思いますが2000円の初心者向けラバーと5000円以上するハイエンドラバーではさすがに使われている素材も違いますし、2000円のラバーではどんなに自分にあったラバーでも限界があります。例えば粘着ラバーやスピン系テンションのラバーはMAX値が高いラバーになります。

回転性能は「かけやすさ」と「MAX値」の総合評価をする

上記の内容をまとめると”回転性能=回転のかけやすいさ+回転のMAX値”となる訳です。なので自分のレベルやプレースタイルと相談して、自分が回転のかけやすくて、一番MAX値の高いラバーを選ぶと良いと思います!

個人的な一例をあげると…

参考にしていただけると嬉しいです!自分にあった最高のラバーを見つけて回転プレーに磨きをかけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ELEMENT5ALL

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. バク

    これはなかなか難しいですよね。汗
    回転がかけやすいラバーといえば、自分はやはりマークVを一番に思い出します。決してMAX値が高いわけではないのですが、とにかくかけやすいですよね。
    食い込ませて回転がかかるラバーは40°前後のものでしょうか。ラザンターR42やファスタークC-1など中級者層向けのラバーは回転もかかりコントロールも良いので使いやすいですね。G-1やテナジー05などを食い込ませるのは結構なパワーヒッターですよね、、
    粘着ラバーでも最近では柔らかいものも多いので一概に擦り打ちが向いてるとは言えませんね。
    しかしキョウヒョウpro2などカッチカチの鉄板のような強粘着ラバーは擦らないと回転がかからなく、弾いたらボトっとミスを連発するような特殊?なラバーなので、使い手を選びますよね。
    長文すいません。。。文章もぐっちゃぐちゃで申し訳ないです。
    あっ、前の記事で言っていた、グリップの改善策はなにかありましたか?なんとなく気になっていたんですよね笑 やはり削るしか無さそうですが。

    • 渡邊 昭太渡邊 昭太

      マークVはかなり弧線も描いて回転がかけやすいですよね!同じヤサカから発売されたライガンはマークVの飛距離を上げつつMAX値を上げたようなラバーになっているので人気が出そうです!ラケットとの相性もあるので本当に難しいですよね。ラバー選びは奥が深いです…。 グリップの改善策はまだまだ解決していません…。削るのも時間がかかるので悩みは尽きません。