【ラザンター情報】ラザンターシリーズの基本情報を公開!

こんにちは!スタッフの渡邊です!

ラザント廃番から新ラバー「ラザンター」の発表など
話題沸騰中のandroラバー。

ラザンターの情報はまだ多くは出回ってなく
実際どんなラバーか気になっている方も多いと思います。

本日から【ラザンター情報】というシリーズで
たくつうで入手した情報をどんどん公開していきたいと思っています!

第一弾は「ラザンターの基本情報」です!
一体どんなラバーなのか基本的なとこをまずは紹介していきます!

プラスチックボールを徹底分析してつくられた

2

アンドロ開発チームはプラスチックボールの特性やラバーとの関係性を徹底的に分析しました。その結果、様々な数値や特徴等が判明しました。その中でも特にプラスチックボールはセルロイドボールよりもプレー全般において回転量が減ってしまうことと、エネルギーロスが大きくスピードとパワーが減少してしまうことが明確にわかりました。そして数々の分析データを基に、何度も何度も調整を重ねプラスチックボールによる様々な問題を解決する為の公式を導き出すことに成功しました。それが『40+X=R』です。そして、この公式を用いて開発したラバーが『RASANTER(ラザンター』です。スポンジからシートの細部に至るまで構造改革を行い、従来品に圧倒的な差をもたらした新次元のラバーとなりました。これが唯一無二のプラスチックボール専用ラバーです。

プラスチックボールの徹底分析によって、とにかくすごいラバーが誕生したと書いてあります。

前人未到の2.3mmスポンジ「ULTRA MAX」

3

ULTRA MAX
前人未到の2.3mm!何か一つではなくすべての性能をMAXに。

『ULTRA MAX』によってラバーは新たなステージに突入。厚さ2.3mmのスポンジはこれまでのドイツ製テンション系ラバーのスポンジの中で最も分厚く、最もパワフルなスポンジになっている(andro社比)。トップシートの性能をUPさせながら極限まで薄くすることで、スポンジの厚さをUPすることが可能になり、かつてない反発力を実現。この『ULTRA MAX』こそプラスチックポールによって失われたスピンとスピード性能を取り戻す究極の答えとなる。

スピードUP
ULTRA MAXが生む驚異の反発力でスピード性能が大幅UP

パワーUP
スポンジの性能を引き上げ、プラスチックボールでもより力強い打球が可能に

フィーリングUP
綿密な気泡構造により快適な打球感を実現

ULTRA MAXというスポンジは名前だけでもかなりインパクトがありますね…。

ラバーの厚さはシートとスポンジを合わせて「4mm以内」という規定が設けられています。
ですので、スポンジを分厚くさせようと思うとシートを薄くして4mm以内に収めるという手法をとっているみたいです。

シートを薄くするとそれだけ性能や耐久性が落ちてしまいますが
androではそれを解決しシートを薄くして、さらに性能をアップさせたようです…。
期待が高まります…。

トップシートは回転重視とスピード重視の2種類。

3

ROTATION & VELOCITY
プレイヤーに合わせた2つのトップシート。

新スポンジにマッチするように開発されたトップシートは、プラスチックボールで減少してしまう回転量を上回るように再設計された。従来よりも性能が大幅にUPしたスポンジの為に規格された粒配列によって、グリップ力を向上。プレイヤーのスタイルに合わせた2種類のトップシートを開発。

『R』=回転
太めの粒と狭い粒間隔を採用

『V』=スピード
細めの粒と広い粒間隔を採用。

スピンUP
革新的なトップシート構造により回転性能大幅UP

グリップUP
グリップ性能をアップさせるために調整されたトップシート構造

トップシートは回転重視とスピード重視の2種類があります。

より広い層のプレイヤーにマッチするラバーへ進化していますね!
「R」も「V」スポンジが分厚くなってもしっかり回転をかけることができるシートです。

そのなかで
より回転に特化しているのが「R」。
より回転をかけながらスピードもでる「V」。
というイメージですかね。

最後に

いかがでしたでしょうか。ラザンターの基本的な情報をご紹介しました。

ULTRA MAX」と「ROTATION & VELOCITY」がラザンターを語る上では欠かせない要素になっています!ここに硬度の違うスポンジとシートの組み合わせでどんなプレイヤーにもマッチする革新的プラスチックボール専用ラバー「ラザンター」になります!

第二弾は「4種類の『R』のつくラザンター紹介」です!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ELEMENT5ALL

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。