【2.0という選択肢】ラザンターシリーズの人気のスポンジの厚さが変わってきている!?

こんにちは!ゴウです!

ラザンターシリーズの特徴といえばもちろん”ULTRAMAX” という新規格のスポンジが売りですよね!他のメーカーでも2.3mmスポンジが増えてきてアンドロが新たな流れを作ったと言ってもいいくらいの革命をおこましたよね!

ではいま実際に選手の方はみんなラザンターは”ULTRAMAX”を使っているのか?とふと気になったんで実際にたくつうの売り上げを参考に最近ラザンターの売れ行きを調べてみました!

たくつうではULTRAMAXを追い越す勢いで2.0mmスポンジが売れている!

ULTRAMAXの販売枚数 2.0mmの販売枚数
2017年3月の売り上げ枚数割合 59% 30%
2018年1月〜3月の売上枚数割合 43% 40%

発売当初の3月ではULTRAMAXの売れ行きは予約販売時の販売枚数も含めると全体の59%の売り上げと前評判もあってかなり売れています!一方その時の2.0の売り上げは全体の30%の売り上げとULTRAMAXの半分の売り上げということでした。

そしてここ最近3ヶ月間の実際のレビューなどが出回ってくる時期の売り上げを再度確認して見ました!そうするとなんと!ULTRAMAXの売り上げが43%に対して2.0mmも40%と同じくらいの売り上げ割合まで迫る数値となっていました!

やはりラザンターと言えばULTRAMAX!というイメージでした選手の実際の使用するスポンジの厚みは違っていたみたいです!ではなぜこのような結果となったのかを考察して見ました!

2.0mmが選ばれている理由とは?

まずラザンターシリーズの2.0が選ばれている大きな理由はおそらく、従来のラバーの様な打球感にかなり近い感覚で打てて且つスピードを今までのラバーよりも早く出せるようになる!というのが理由にあるのではないかと考えています!

2.3mmスポンジですと、スポンジが厚く強いインパクトで打てないと、スポンジだけでボヨンと飛ばしている感覚となり、今までのラケットの板に当たってカチッとした打球感ではなくなりやすいのに対して、2.0mmはしっかりとラケットの板に当たって弾き出される感覚があるので今までのラバーと同じ感覚で打てるという利点があります!

2.0mmでも弾みは変わらずスピードをしっかり出せるのも強み!

普通のラバーでいえばスポンジの厚みを落とせば弾みが落ちるのは当然ですよね。ですがラザンターはドライブを実際に打ってみてもスピードは同じくらい出る様に感じました。

しっかりとインパクトできた100%の力を発揮時の弾み・球の飛距離はULTRAMAXが間違いなく出ます。ですがいつも100%で打てる選手なんてそうそういませんよね!そこで2.0mmという厚みは70~80%の力でしか打てない!というときもしっかりといい球が出せるということが強みです。

最後に

以上が2.0mmが売れて来ているという理由の考察になります!2.0mmが売れて来ている理由としては弾み・球の飛距離はしっかりと出しながらも従来のラバーのような感覚で打てるということが選手にはマッチしているのかもしれません!まだまだ自分はインパクトが弱くてとラザンターを諦めていた方には一度2.0mmを使ってみることをおすすめします!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ELEMENT5ALL

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。