【フォアとバックで弾みが違う!?】ダーカーの試作ラケットを打ってみた!

こんにちは!ゴウです!

みんさ〜〜〜〜ん!今回ダーカーから超超超すごそうなラケットを借りることができました!

あれ?一見普通のリベルタシナジーデスヨネ?って思いますよね!これの何が凄そうかというと

フォア面とバック面で使っている特殊素材が違うんです!!

それによってフォア面とバック面で打った時の打球感と弾みがかわっちゃうという変わり種ラケット!今回はこのラケットのレビューをしていきたいと思います〜!

ラケットの特徴

基本はリベルタシナジープラスを基準としたラケットなっており使われている素材が変わってきます!

フォア面:カーボン
バック面:イザナス

が使われております!これによって弾きのいいカーボンと球持ちの良く弾みを抑えたイザナスを使うことで打球感と弾みの違いを生み出すのが特徴!

フォアではガンガン攻めたいけどバックはそこまで弾まなくても良いんだよな〜って悩みありませんか!?このラケットはその悩みを解決すべく生み出されたラケットなんだそう!

ダーカーさんって本当にこう言った実現できそうでできなかった手の届かないかゆ〜いところを見事に形にしてくれるのでほんっとうに面白いメーカーですよね!笑

実際に試打をしてみました!!

まずは玉突きをしてみたんですが、、、あれ笑。正直カーボンがポーンと弾んでイザナスは弾まないといった感触はそこまでないですね!もっと細かくみてやる必要があるみたいだな〜!ということでフォア連打、3球目攻撃、ブロックなどいろんな技術をやってみました!

フォア連打

うん。すごい!しっかりとボールを食い込ませることで両面で明らかに違いが出てきました!やはりカーボンで打つ方がまっすぐ飛んで飛距離が出てる!あとイザナスで打つと弾みの差もありますが、如実に出る差は弧線の高さの違いですね!しっかりと弧を描いてボールが飛んでいくので安定感が抜群にあります!

玉突きではわからなかったですが、しっかりとボール食い込ませた時に弾みと弾道に違いが出てきます!

3球目攻撃

今回G-1を合わせて打ってみたのですが、フォア面は結構球離れが早くスピードがとにかく出て球がまっすぐで取りづらい球がでますね!あとイザナスはさっきも言った通り弧線が高い!安定感が抜群!

バックが弾みすぎず球持ちがいいのでバックでの台上技術がやりやすい!!

フォアの弾みの良さを意識してカチカチのラケットを使うとバックも弾んでしまいうまく球が食い込まず台上技術がやりづらくなったってことありませんか?

このラケットはバック面がイザナスになることによってそれを見事に解決!!ツッツキは浮くことなくブロックも球持ちがよいのでコースの内訳がしやすい!弧線が高く持ち上げやすいのでチキータが楽々入る!上回転のラリーにすぐに持っていけてあとはフォア面の強力なドライブ・ミート技術を多用して点をガンガン取っていく!そんなラケット!

現代卓球のピッチの早い展開にしっかりと対応したラケットなんじゃないでしょうか!この記事がめちゃめちゃ反響を呼んだら製品化を頼んでみようと思います〜!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. しゅーやん

    コクタクにもプレシアスなど両面差をつけるラケットありましたね

    • ゴウゴウ

      そうだったんですね!知らなかったです!今後こういった面白いコンセプトのラケットがメーカーから出れば面白いと思いますね!