表ソフトでもツブ高でもない。使い手次第で多彩なプレーが可能な”アグレッサー”

こんにちは!スタッフの渡邊です!

オフィスの移転も落ち着き、やっと試打できるようになったのでずっと気になっていたラバーを試打しました!

 

アグレッサー

以前も展示会で試打した感想を載せましたが、「何か特徴のあるプレーができそう…。もっと打ってみたい!」という衝動が止まらず新オフィス第一回目の試打ラバーに抜擢されました!

早速打ってみた!

CIMG3378

早速打ってみましたが….

ネット

落ちる…。

何度打っても表ソフトの打ち方では落ちます…。変化系表ソフトよりも圧倒的に落ちます。

この落ち方はツブ高に似ている…。

改めてツブ高の打ち方で試打

CIMG3427

ツブ高のように振らずにバウンド直後をとらえてみると…

agugif

入る!

軌道もツブ高にかなり近い!!ですが、ツブ高よりボール速く直線的です!打球感もハードです!

これはツブ高なのか…。他にも何かありそうです。なんせ8,900円もしたんですから…。見た目が表ソフト風のツブ高で終わってしまっては困るのです!!!

 

 

試打すること30分….

 

 

 

色々検証してみた結果、ツブ高にはないプレーができることが判明しました!!ここからは動画で紹介します!

YouTube Preview Image

動画はいかがでしたでしょうか!

要点をまとめると

  • 止めるブロック
  • カット性ブロック
  • カウンター風ブロック

の3種類のブロックを使い分けできる!さらにこちらから攻撃を仕掛けることもできます!3種類を組み合わせると、ボールの速さ・深さ・軌道・回転量が全く違うので相手はかなり困惑しますね。カット性ブロックもかなり切れますし、カウンター風ブロックはどナックルです!この回転量の差は得点に繋がると思います!

価格は高めですが、面白いラバーですよ!お金に余裕がある方や、特徴的なプレーを極めたい方にオススメですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。