古い用具から脱却!試合で勝つために必要な用具の条件

こんにちは!スタッフの小林です!

先日卓球界のビックイベントである全日本選手権が終わりチャンピオンが決まりましたね!皆さんのお目当ての選手はどんな結果だったでしょうか!そして皆さん自身の大会はありますか!?

今回はラバーの貼り替え時についてです!劣化したラバーと新しいラバーですとプレーの幅も大きく変わります。それにより精神面も大きく左右されますので貼り替え時を覚えていただき試合に気持ちの良い状態の用具で臨んでいただければと思います!

新しいラバーと古いラバーではここが違う!

卓球のラバーとボールの関係で最も大事なのが摩擦です。ゴムであるラバーの表面でボールを擦る事によって発生する摩擦が強ければ強いほどボールに強烈な回転をかける事ができます

使い古した表面がツルツルしたラバーでは摩擦が発生しにくいのでボールへの回転量が少なくなってしまいます。回転が少ないという事は相手に取っても打ちやすいボールになりやすいので得点に繋げるのは難しくなります。

古いラバーの貼り替え時サイン

s_CIMG2317s

写真のように光を当てた時にラバーの表面に白い粒々が浮き上がって見えて来たときはラバー貼り替え時のサインです。これは何回もボールとの摩擦を繰り返した結果、表面のゴムが擦り減った事によってラバー内部の粒が浮き上がってみえる現象です。

このサインは赤のラバーよりも黒のラバーの方が見つけやすいのでぜひラケットケースからラケットを取り出してチェックしてみてください!

s_CIMG2326s

使い古したラバーでは新しいラバーに比べて回転がかからないため、相手に打ち込まれる可能性があります。

それによりプレー中にどんどん自信を失ってしまうかもしれません。そして写真のように縮こまったプレーになってしまいます。

新しいとこんなに違う!!

s_CIMG2318s

写真は新しいラバーです。古いラバーと比べて表面は光沢があり、ラバー内部の粒も見えないと思います。

好みは人にもよりますが新しいラバーは貼り替えて2~3日目の感覚が良いと言う人もいます。新しいラバーを貼った際には1日ごとに感覚を確かめて一番良い感覚の日に試合当日を当てるようにすると良いかと思います。

s_CIMG2319s

新しいラバーを使用した時はボールを打った時にツルッっと滑るような感触がないため自信を持ってプレーする事ができると思います。

使い古したラバーは技術習得のための再利用!

1485166043OnZMq6Mk5VG7fXK1485166041

フリスビーのように使えばバックドライブの感覚練習になります。遠くに飛ばしてバックハンド上達の役に立てましょう!(人に向けて投げないでください)

最後に

  • 試合で前は勝てたのに最近は全然勝てなくなった
  • 前よりもカウンターされる事が多くなった
  • 周りの人が急に強くなった気がする

上記の項目が一つでも当てはまる方はしていう方は原因がもしかしたら自分のラバーにあるかもしれません。試合に万全な状態で臨む事は体調だけでなく用具も同じ事が言えます。ラバーの状態を把握して大事な試合では準備を怠らず用具も万全な状況で臨みましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!ご質問がありましたら下にあるコメント欄にお願いいたします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバターgo

    初めましてm(__)m goと申します。 いつも拝見させていただいております。
    私は少し使い込んだあたりのラバーがかなり感覚がよいと感じています。 

    古いラバーをフリスビーのように使うのは考え付きませんでした(ノ・ω・)ノ!! 今度やってみます!!

    これからも更新を楽しみにしています(・ω・)ノ

    • アバター小林宏彰

      粘着ラバー使用者は少し使い込んだ方が好きという方は多くみられますね!1週間くらい使ったラバーが好きと言う事はよく聞きます!
      古いラバーをフリスビーのように飛ばすのは実はバックドライブに必要な腕のしなりがなければ遠くに飛ばす事ができずバックドライブ取得に当たってすごく役に立つと思うのでぜひやってみてください!

  2. アバターつー

    負けて用具のせいにしたくなくても写真のようになってしまうのあるあるですね
    バックのラバー半年くらい使ってるのでそろそろ替えようかな

    • アバター小林宏彰

      私は経験上、用具が古い時の自分の動画を見返すとフォームが縮こまっている事が多々ありました。時々自分のプレーを見直してみるのもいいかと思います。
      バックのラバーぜひ交換して心機一転がんばりましょう!