• HOME
  • ブログ
  • 連載シリーズ
  • 【ノジマTリーグ】「ジュースまで追いついた時点でチャンスはあると思った」木下マイスター東京・張本智和 20181209

【ノジマTリーグ】「ジュースまで追いついた時点でチャンスはあると思った」木下マイスター東京・張本智和 20181209

文・写真 マンティー・チダ

12月9日、木下マイスター東京(以下KM東京)はT.T彩たまとアリーナ立川立飛で対戦し、マッチカウント3-2で勝利した。

第3マッチとビクトリーマッチに出場したKM東京#17張本智和は、危なげなく2勝を挙げて、チームの勝利に貢献した。

第3マッチでT.T彩たま#20チョン・ヨンシク(鄭 栄植)と顔を合わせた張本は、第1ゲームの出だしから、自身のミスとチョン・ヨンシクのバックハンドに苦戦し、チョン・ヨンシクに5連続得点を許す。しかし、1-6から張本はフォアフリックできっかけを掴み、点差を詰めていく。チョン・ヨンシクのフォアハンドドライブをネットに引っ掛けるなど2点を失うが、ここからフォアハンドなどで、9-9の同点までスコアを戻す。その後両者得点を加え、10-10のジュースとなった。ここで、張本はアドバンテージを取ったが、チョン・ヨンシクに3連取を許し、11-13でゲームを落とす。

第2ゲームに入ると、張本が2-2からフォアハンドドライブを決めるなど、3連続得点でリードを奪う。チョン・ヨンシクに2点を返されるが、その後はネットインで得点を重ねるラッキーな場面もあって、一気に5連続得点でゲームカウントを迎える。結局、11-5で張本がゲームを取り返した。

本来の姿を取り戻した張本は、第3ゲームの出だしから、ボールを拾い続けて、フォアハンドを打ち切るなど、5連続得点とする。チョン・ヨンシクも4点差で喰らいつくが、張本はバックハンド強打が炸裂するなど、終盤に3連続得点で一気にゲームを獲得。11-4とあっさりゲームを奪取した。

第4ゲームに入って、後がないチョン・ヨンシクと出だしから互角に戦う張本は、フォアハンドドライブから3連続得点をし、1点リードとする。1点差のまま、終盤を迎えると、張本はチキータからバックハンドを打ち込み、チョン・ヨンシクのショットアウトを誘う。ここで波に乗った張本は、一気に10点目を挙げて、マッチカウントを迎えた。最後は、張本がフォアハンドで勝負をつけて11-8としゲームを獲得したことと同時に、ゲームカウント3-1で張本がチョン・ヨンシクに逆転勝利した。

第4マッチで水谷が岸川を下して、マッチカウント2-2となり、勝負の行方はビクトリーマッチ(シングルス1ゲーム)にもつれ込んだ。張本は、再びコートに登場し、T.T彩たま#1吉村真晴と対戦した。張本がTリーグで敗れたのは、たった2回(2018年12月9日現在)。そのうちの1回は吉村真晴の弟、吉村和弘(岡山リベッツ)。「兄弟そろって負けるわけにはいかない」と張本は気持ちを切り替えて勝負に挑む。

先制点を吉村に奪われた張本だったが、その後は3連続得点でリードを奪う。吉村もフォアハンドドライブで1点返すが、張本の勢いは止まらず、5-2となったところで、T.T彩たまベンチがタイムアウトを請求。しかし、張本は動じず、さらに4連続得点で一気に7点リードとすると、あっさり勝負をつけて11-3で勝利した。

結局、KM東京が、水谷・張本の2大エースだけで3点を獲得し、マッチカウント3-2でT.T彩たまを下した。

試合後、T.T彩たま坂本竜介監督は「張本の対策をしないといけない」と危機感をあらわにする。「前回も2-0とリードしたけど、毎回そのあと、張本・水谷と名前が書いてある。どちらかには勝たないといけない。対策以前に、個々のレベルアップをしないといけない。その上で張本の対策はしないと勝てない。ビデオを見てしっかり研究して、チョン・ヨンシクにもすぐに言ったけど、張本はレベルが違い過ぎる」と脱帽するしかなかった。

張本は、第3マッチのチョン・ヨンシク戦で第1ゲームを落とし、0-1からの逆転劇を演じた。「第3マッチまでに0-2で回ってきて、第1ゲームも相手の方が気持ちで上だった。凡ミスも多かったけど、0-5からジュースまで追いついた時点で、仮に第1ゲームを落としたとしても、チャンスはあると思っていたので、第2ゲームから冷静になろうと考えた。あまり良いプレーはなかったけど、しっかり粘ることができた」とその場面を振り返った。

張本に回すまで、第1マッチのダブルス、第2マッチとKM東京は敗れていた。第3マッチの張本が負けると、チームの敗戦が決まるという状況で、第1ゲームの結果よりも、追い上げたプロセスの中で張本は十分に手応えを感じていた。第2マッチ以降は、チョン・ヨンシクに主導権を渡すことなく、勝利を飾る。

直後の第4マッチで水谷が岸川を下すと、張本は1マッチシングルスのビクトリーマッチで再びコートに登場する。前回、ビクトリーマッチで吉村和弘(岡山リベッツ)に敗れたことに触れて「兄弟そろって負けるわけにはいかない。和弘さんだと思ってプレーした」と吉村を弟と思って戦っていた。

「最初、平野(友樹)さんが練習していて、平野さんだと思って準備していたら、まさかの真晴さんだった。少し動揺はしたが、1球目を捕えてからは、少し整理できて1ゲームの間で立て直すことができた」と話す。

1球目をとらえてから、整理の上1ゲームで立て直すことができるという気持ちの強さは、さすが世界ランク5位につける選手だ。同時に15歳ということを忘れてしまう瞬間だ。KM東京は、張本・水谷がシングルスで安定した戦いぶりを見せれば盤石である。つまり、シングルスでどちらかに勝たないと、KM東京に勝利することは難しくなる。

T.T彩たま坂本監督から「レベルが違い過ぎる」と脱帽された張本。卓球王国中国の選手に交じって、世界ランク5位の張本は、いったいどこまで成長するのだろうか?そして、張本を苦しめる選手が現れるのだろうか?

 

そして、12月13日から韓国・仁川で開催された「2018 ITTFワールドツアーグランドファイナル」の男子シングルスで、張本は世界ランク4位の林高遠(中国)を4-1で下し、史上最年少優勝を果たした。このタイトルを引っ提げて、Tリーグでこれからどんなプレーを見せてくれるのか注目したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もおすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。